どんな容器に保存してあるか

水素水について、

 

基本的なことを知っておきたいと思っているのであれば

 

種類や濃度の他にもどんな容器に保存してあるのかという点もぜひ知っておきたいところです。

 

水素水を入れている容器には実は色々な種類があるのです。

 

それがどのようなものかというと大きく分けて3種類あります。

 

まずペットボトル、そしてアルミボトル、アルミパウチです。

 

それぞれのメリット、デメリットを紹介します。

 

まずペットボトルですが、メリットは価格がお手頃ということです。

 

さらには他のタイプと比べて購入しやすいと言えます。

 

日常生活で取り入れたいものなので価格が高いと続けられませんし、購入すら躊躇してしまいますよね。

 

でもペットボトルタイプは手ごろなのでその点の心配が要りません。

 

ただ、水素が自ら抜けてしまいやすいというデメリットがあります。

 

次にアルミボトルですが、こちらは水に含まれている水素が抜けにくいというメリットがあります。

 

ですから、水素水の良さをより実感することが出来るのはアルミボトルタイプだと言えます。

 

デメリットとしては、水にアルミボトルのアルミの味がついてしまうという点があります。

 

水の味にこだわる人には気になってしまうかもしれません。

 

最後に、アルミパウチですが、長期保存に向いているのがメリットです。

 

まとめ買いをして置いておきたい人や、水素水をゆっくり飲みたい人におすすめできます。

 

その分、価格が手ごろではないのが唯一デメリットかもしれません。

 

水素水の保存容器によってれぞれにメリットとデメリットがあるというわけです。

関連ページ

水素水はどんな味?
水素水はどんな味がするのかお教え致します。水素水は基本は水ですので、すごく変わった味はありません。水素水の味が気になる方は是非参考にしてください。
薬と飲み合わせは出来るのか?
水素水は薬と飲み合わせは出来るのか?についてご紹介いたします。水素水は薬と飲み合わせても基本は大丈夫だと考えられています。水素水と薬の飲み合わせについて詳しく掲載しています。
他の水と比べてみると
水素水と他の水を比べてみました。今回は水素水とアルカリイオン水・還元水を比べてみました。水素水と効果や効能を分かりやすく比較しているので、是非参考にしてください。