どの産地の水を使っているか

水素水を選ぶときひとつのポイントになるのが、使っている水の産地です。

 

どこの産地の水でもいいという人もいますが、ぜひ購入前にチェックしてみてください。

 

味だけでなく産地によって違うものがあるのです。産地によってどう違いがあるのか紹介していきます。

 

産地というと、どの県かなと考えがちですが、日本以外のこともあります。

 

日本の水は軟水ですが、海外の水だと硬水の場合もあります。

 

軟水と硬水の違いというのは、飲み口もそうですが、

 

水に含まれている成分もだいぶ違ってくるので重要なのです。

 

日本のものか海外のものかをチェックした次は、もっと細かく採水地を見てみましょう。

 

どこの地域の水かで、さらに細かい違いがあるんです。

 

気候やその地の環境によっても水が変わってきます。

 

たとえば北部の地方であれば雪解け水が含まれていることもあります。

 

反対に南部の地方であれば、雪解け水はまず含まれていませんよね。

 

水素水以外の一般的な水にも産地が書いてあるのは、産地によって水の味や成分に違いがあるからです。

 

最後に忘れずにチェックしてほしいのは水の製造地です。

 

水を取ったところと製造したところが違う場合もあるので忘れずに見てください。

 

こうして水の産地や製造地をチェックして納得したうえで水素水を選びましょう。

関連ページ

完成品とセルフの違い
水素水の完成品とセルフの違いについてご紹介いたします。水素水には完成品とセルフの商品があります。どちらも価格や手間が違います。水素水をお探しの方は是非参考にしてください。
生活スタイルで考える
水素水選びは生活スタイルで考える事も重要です。水素水は生活スタイルで自分に合ったものを選ぶのも一つの手段です。水素水選びで困ったらこちらの記事を参考にしてください。
量を比べる
水素水の量を比べることも重要です。水素水を選ぶに当たり、価格や質は大切ですが、その量も重要になってきます。水素水選びは慎重に後悔しないようにしましょう。