完成品とセルフの違い

何かと話題の水素水ですが、

 

購入するとなると様々な種類があることに気が付くと思います。

 

水素水はメーカーや容器などの違いの他、完成品かセルフか、という違いもあるのです。

 

何を基準に水素水を選べばよいのか、きちんと理解したうえで購入するに越したことはありません。

 

完成品とセルフを比べてみてみましょう。

 

完成品というのはいわゆる既製品、セルフというのは自分で作る水素水のことです。

 

まず既製品ですが、まずセルフと比べると自分で作らなくてもいいという手間が省けるメリットがあります。

 

仕事や家事、育児など忙しい人にはうれしいポイントとなります。

 

また、価格帯が手ごろなものから比較的高いものまで色々あるので、予算にあった価格で購入が出来ると言えます。

 

一方でデメリットもあり、水の中に含まれている水素が時間の経過とともに抜けてしまうということです。

 

せっかくの水素が抜けてしまうのはもったいなく感じてしまいます。

 

次に自分で水素水をつくるセルフですが、こちらは水素が抜けないというメリットがあります。

 

抜けないというよりも、自分で作って飲むので水素がしっかり含まれている状態で摂取が可能になるということです。

 

水素がたくさん含まれているとそれだけ、期待できる効果は大きくなります。

 

手軽さよりも絶対的に水素の濃度や効果にこだわりたい人にはセルフが良さそうです。

 

ただ、反対に既製品のメリットである作る手間を見ると、

 

セルフはデメリットになってしまいます。手間を惜しまなければセルフが良さそうです。

関連ページ

生活スタイルで考える
水素水選びは生活スタイルで考える事も重要です。水素水は生活スタイルで自分に合ったものを選ぶのも一つの手段です。水素水選びで困ったらこちらの記事を参考にしてください。
量を比べる
水素水の量を比べることも重要です。水素水を選ぶに当たり、価格や質は大切ですが、その量も重要になってきます。水素水選びは慎重に後悔しないようにしましょう。
どの産地の水を使っているか
水素水はどの産地の水を使っているかについても覚えておきましょう。水素水の水の産地は様々です。こちらも水素水を選ぶ際に重要なポイントになってきますので是非参考にしてください。