お風呂でも使える

話題の水素水を生活に取り入れるには、飲むだけが方法ではないんです。

 

実は、お風呂で活用することも水素の力を取り入れる方法の一つです。

 

水素水を飲むことももちろん、合わせてお風呂での活用をすることでより高い効果を期待できるともいえます。

 

お風呂で水素水を活用した場合どういう効果を実感することが出来るのか、それを説明していきます。

 

水素水はそもそも肌からかなり浸透しやすい分子なのです。

 

それは、水素分子の小ささがポイントで、

 

水素分子は肉眼ではもちろん、顕微鏡でもとらえられないほどの小さなサイズなのです。

 

その小ささだからこそ、細胞と細胞の間にもすっと入っていくので浸透しやすい分子だということです。

 

呼吸は口や鼻以外にも全身の肌でも行われています。

 

お風呂で水素水を活用するとこの肌呼吸のときにも全身から水素を取り入れられるので、

 

飲むだけよりもかなりたくさん水素を取り入れられるというわけです。

 

さらに、お風呂の最中の口呼吸でも、お風呂場に漂っている水素を取り込むことが出来ているのです。

 

つまり、お風呂で水素を活用すれば、

 

あらゆるところから水素を体内にたくさん取り入れることが出来て、かなり効率的だと言えます。

 

気を付けるポイントがあるとすれば、お湯の温度をぬるめにすることです。

 

ぬるめのお湯に最低でも10分はつかるようにしましょう。

 

それによって、お風呂での水素摂取がより効果的に効率よく行えるようになります。

 

ぜひ飲む以外にもお風呂で活用してみてください。

関連ページ

1日にどのくらい摂ればよいか?
水素水は1日にどのくらい摂ればよいか?についてご紹介いたします。水素水の種類によって一日に摂る量は変わります。水素水の一日の摂取量が気になる方は是非参考にしてください。
適切な摂取温度は?
水素水の適切な摂取温度についてお教え致します。水素水の摂取温度は常温が一番です。逆に冷やしたり温めたりすると効果が半減してしまいます。水素水の適切な摂取温度について詳しく掲載しています。
スキンケアにも使える
水素水はスキンケアにも使えます。水素水の分子は非常に細かいので、お肌から吸収する事も可能です。水素水を是非スキンケアでも役立てましょう。