1日にどのくらい摂ればよいか?

水素水に色々期待できる効果があるといっても、

 

正しい摂取量を知っておかなければきちんとした効果を得ることは出来ないでしょう。

 

ですから、水素水を始める前には1日にどのくらい摂ればよいのかを知っておく必要があります。

 

いったいどのくらいを目安にしておけばよいのでしょうか。

 

水素水の1日の摂取量は、一概にこれだけ、とは言い切れません。

 

なぜかというと、水素水の種類によってその濃度が違っているからなんです。

 

濃度が違えば、飲む量が同じでも体内に取り入れられた水素の量が違ってしまいますよね。

 

選んだ水素水が濃度の濃いものだったとして、水素の量を多くとれたなら、

 

それに越したことはありませんが、濃度の薄いタイプの水素水だった場合、

 

たくさん飲んだのに結局水素があまり入っていないから体内に浸透する水素も少なく、

 

期待できる効果も薄くなるということがありえます。

 

では、具体的にはどのくらいの量を目安とすればいいのか一般的な水素水の場合をみていきましょう。

 

よくある水素水の濃度は約1ppmとなり、このくらいの濃度の場合は約500ミリリットルが適切な量だと言えます。

 

次に濃度の濃い水素水の場合をみていきましょう。

 

濃度が濃い水素水は約7ppmとなり、この場合は約70ミリリットル程度で十分です。

 

濃度が違うだけで、こんなにも適正摂取量が変わってくることに驚いたのではないでしょうか。

 

水素水を飲み始めるときには、

 

選んだ水素水の濃度を確認したうえで、1日どのくらい飲むべきかを理解してくださいね。

関連ページ

適切な摂取温度は?
水素水の適切な摂取温度についてお教え致します。水素水の摂取温度は常温が一番です。逆に冷やしたり温めたりすると効果が半減してしまいます。水素水の適切な摂取温度について詳しく掲載しています。
お風呂でも使える
水素水はお風呂でも使えるのかについてご紹介いたします。水素水がお風呂で使えるかどうかは、水素の分子が大きく関係しています。水素の分子は非常に小さいので、人間の皮膚からも吸収する事が可能なのです。
スキンケアにも使える
水素水はスキンケアにも使えます。水素水の分子は非常に細かいので、お肌から吸収する事も可能です。水素水を是非スキンケアでも役立てましょう。