料理にも使える

料理を作るとき、材料や調味料などこだわりがある人も多いと思います。

 

でも実は料理の味の決め手はそれだけではないのです。

 

こだわっているお店などでは当たり前のように、使う水も選んでいます。

 

それは私たちの毎日の料理でも同じことで、水をかえることで料理にも変化が出ると言えます。

 

そこで、料理のときに水素水を使った場合はどのような変化があるのか考えてみます。

 

まずポイントはビタミンです。

 

野菜や果物など体に必要なビタミンが豊富に含まれている食材はありますが、

 

ビタミンは水溶性といって水に溶けてしまう性質があります。

 

ですから、その食材をゆでたりするとビタミンは捨ててしまうゆで汁に出て行っているのです。

 

それにゆでなくても加熱したときに蒸発してしまうこともあります。

 

出来ることなら食材のもつビタミンを守って料理したいですよね。

 

そこで活躍するのが水素水なのです。

 

水素はビタミンを守ってくれる働きがあるので、

 

水と一緒に調理する汁物や煮物などのときには特に最適です。

 

食材のもつ栄養や美味しさを出来る限り体内に取り入れたいですし、そうすることが健康につながっていきます。

 

水素水を料理に利用したからといって、すぐに目に見える変化や効果は感じないものですが、

 

きっと続けて水素水を料理にも使うことで違いがでてくるはずです。

 

水素水を水としてそのまま飲むだけではもったいないです。

 

ぜひ料理にもつかって、ビタミンなどの栄養をしっかりと吸収できる食事をしてください。

関連ページ

副作用はあるのか
水素水には副作用はあるのかについてご紹介いたします。水素水は基本水です。なので、副作用は特にありません。水素水で健康なkらだを作りましょう。
加熱や冷却はできる?
水素水は加熱や冷却はできる?のかについてご紹介いたします。水素水は加熱や冷却をする事に寄ってデメリットはあるのでしょうか?水素水について疑問をお持ちの方は参考にしてください。